株式会社Tempa

BCNR33 スカイラインGT-R Vスペックがガレスコに登場!チューニング・メンテナンスはあの緑整備センターで!

LINEで送る
Pocket

BCNR33のスカイラインGT-R。25年ルールをはじめ、様々な影響を受け車両はもちろんパーツも高騰してしまい、本当に入手が困難になってきた。そんな中、今回ガレスコに掲載があったGT-Rは、あの緑整備センターが手掛けた1台だ。

 

オーナーは約20年間所有!随所にGT-R愛が溢れている!

 

緑整備センター_33GTR_1

 

車  種スカイラインGT-R
グレードVスペック
年  式1995年6月
型  式E-BCNR33
カ ラ ーホワイト
シ フ トF5
走行距離ニスモメーター交換
記録なしのため改ざん
(現メーター67844km)
修 復 歴あり
備  考【1.エクステリア】
・エアロボンネット (FRP製、ボンネットピン付き) ドゥーラック
・リアウイング素材変更(FRP →  カーボン)    HKS
・インタークーラーエアガイド             NISMO
・HIDヘッドライト                 BELOF
・リアエンブレム (金メッキ)            NISSAN

【2.インテリア】
・運転席シート一式 SP-G              RECARO
・ロールバー(特注)エナメルペイント車色同色  
・4点式シートベルト                 Sabelt
・カーナビフィルムアンテナ              Panasonic
・オートメーター                   Auto Meter
・ブーストメーター                  Trust
・油圧計                       Sard
・油温、水温、排気温時計デジタル表示器        Sard
・クイックリリースハンドル
・カーボンシフトノブ                 NISMO
・マツダ RX-7 用 バックミラー           MAZDA
・320㎞メーター                   NISMO

【3.シャーシー】
・ドア回りスポット増し
・セキュリティーシステム               Opera

【4.足回り】 
NT03  18インチ  10J  →  REY
RE01 265-35-18       →  001
ジュラルミンナット

【5.エンジン系】
・F-conVpro(全プロ)制御 HKS  →   現物
・エアフロレスアダプター         HKS
・エアクリーナー             HKS
・ブーストコントローラー         Trust
・T/C エアアウトレット 分割 改造
・インタークーラー 2層          Trust
・オイルクーラー  10段          Trust
・ラジエター 3層              Calsonic
・オイルキャッチタンク(ウォッシャータンク付)AutoSelect
・カムスプロケット  (オーバーラップ調整)  HKS
・水回りラインエア抜きポット

【6.駆動系】
・ツインプレートクラッチ            EXEDY

【7.ブレーキ系】
・フロント:Trust-Alcon φ355 + 324パッド Trust-Alcon
      (パッド:rams GP4)
・リ  ア:Blembo ノーマル blembo
   (パッド:AP)
・ブレーキライン ステンレスメッシュホース AP
・マスターシリンダーストッパー           NISMO
・ABS システム後付け

【8.排気系】
・Front Pipe φ70                 Trust
・触媒 ストレート パイプ              Trust
・リアマフラー(サイレンサー付き)          Trust

【9.サスペンション】
・Quantam 前後 調整式              Quantam
・スプリング
・テンションロッド                 アルナージュ

これまでにクラッチは以下のとおり変更
ノーマル→NISMOツイン→OS技研トリプル→OGURAトリプル→EXEDYツイン

サスペンションは以下のとおり変更
ノーマル→タナベ→オートセレクトSPL→Quantam

パワステ Assy 交換

 

緑整備センター_33GTR_2

 

緑整備センター_33GTR_3

 

緑整備センター_33GTR_4

 


緑整備センター_33GTR_5

 

緑整備センター_33GTR_6

 

これぞGT-R!といった出で立ちの33GT-R。豚鼻ダクトに黒リップ、リアウイングのフラップはカーボンに変更されていて、足元はVOLK CE28で決め、その奥にはalconキャリパーが顔を覗かせる。そして、スモークのないリアガラス越しにはクロスバーという、やる気の象徴と言える仕様だ。

 

こちらのGT-Rは前オーナーから個人売買にて譲り受けたこちらの車両。現オーナーは憧れのGT-Rオーナーとなり、毎晩のように走りに出て、時にはサーキットにも足を運んだとのこと。そこで、必ず出てくるのはメンテナンスやチューニングといった問題だ。

 

前オーナーもサーキット走行などを行っていたため、各所に劣化やリフレッシュが必要な部分も出てきていた。個人売買で手に入れた車両を、どこで面倒を見てもらうか、というのは誰もが悩むところである。

 

予算はもちろん、そのショップの技術、入りやすさ(敷居の高さや、社長の人当たり等)、日々のメンテナンスのため立地も大切な要素だと言える。そんな中、現オーナーが当時住んでいた横浜にあるショップを選び、GT-Rを持ち込んだ。

 

 

全国屈指のGT-R専門ショップ「緑整備センター」でメンテナンスを実施!

 

緑整備センター_33GTR_7

 

横浜市緑区にある緑整備センター。言わずとしれたGT-Rを始めとする日産車の専門ショップだ。チューニングショップとしては珍しい日産認定ショップとなっており、日産のお墨付きなのだ。

 

代表の内永社長は、ドライバビリティを重視しており「これぞチューニングカー」というような性能と引き換えに街乗りを犠牲にするような仕様を嫌う。エンジンをかけたその瞬間から、メーカーが販売しているノーマル車と遜色ないようなチューニングをモットーとしている。もちろん、チューニングを施した車両のため、性能は格段に上がっているという、まさに理想のようなクルマづくりをされるショップのひとつだ。

 

そんな緑整備センターに、この33GT-Rを持ち込みメンテナンスからチューニングまでを実施したのだ。

 

緑整備センター_33GTR_8

 

緑整備センター_33GTR_9

 

緑整備センター_33GTR_19

 

ノーマル車両を一から仕上げたのではなく、前オーナーの仕様を使えるパーツは使って、交換するパーツは交換するという形で仕上げていったこの1台。前オーナーの想いも残しつつ、現オーナーが自分色に仕上げていった車両である。

 

とはいえ、この状態に持っていくまで、かなりの時間と金額を要したとのこと。具体的な金額は当時の明細が残っているので、まずは問い合わせをして明細を開示していただけるよう、現オーナーと交渉すると良いだろう。もちろん、現車確認時には原本も確認できるはずだ。

 

そして現オーナーは、現在九州に在住となるのだが、車検の時にはクルマを陸送してまで緑整備センターに入庫していたとのこと。この話を聞いただけでも、このGT-Rに対する愛着が見て取れるのではないだろうか。

 

下回りの状態も良好!ベース車両としてまだまだ活躍できる!

 

緑整備センター_33GTR_9

 

この年代の日産車で気になる箇所は「下回りのサビ」ではないだろうか?

 

下回り・ストラットタワー回りのサビはこちらの記事でご確認ください

中古車購入時のリスクとは

 

近年、国産スポーツの高騰で、小売価格がこれまでにないほどの価格で販売されているが、必ずしも状態の良いものばかりではない。特に下回りはサビが酷く、直すことも難しいような車両がたくさん存在するのが事実だ。

 

そんなクルマを手にしてしまえばスポーツ走行はおろか、楽しいカーライフを送ることなど難しいので、購入時には細心の注意を払う必要がある。

 

今回の車両に関してはそんな心配は必要なさそうだ。

 

緑整備センター_33GTR下回り_12

 

緑整備センター_33GTR下回り_13

 

緑整備センター_33GTR下回り_14

 

緑整備センター_33GTR下回り_15

 

下回りがしっかりとしたこの車両に、信頼できる足回り、ブレーキ、タイヤが装着され「名機RB26」を搭載したGT-Rを思う存分堪能することができる。

 

緑整備センター_33GTR_16

 

緑整備センター_33GTR_17

 

緑整備センター_33GTR_18

 

緑整備センター_33GTR_19

 

緑整備センター_33GTR_20

 

20年の間に様々なサスペンションを試し、最終的に落ち着いたのが現在のQuantum車高調。街乗りの快適性を残しつつ、スポーツ走行時にしっかりと動いて機能してくれるこの車高調は現オーナー様のお気に入り。

 

ブレーキキャリパーはフロントにalconを装着し、ストッピングパワーを確かなものにしている。

 

そしてそれらを受け止めるホイールは定番かつ信頼の置けるVOLK CE28をチョイス。こちらも緑整備センターにてGT-R専用のサイズにてインストール。タイヤはブリヂストン ポテンザS007A 265/に2021年12月に交換したばかりとのこと。

 

「曲がる・止まる」を確かなものにし、33GT-Rのポテンシャルをフルに発揮できるこの内容は魅力的だと言えるだろう。

 

内装はシンプルかつスパルタンに!

 

緑整備センター_33GTR_21

 

ここまで手を入れたGT-R。気になる内装をチェックするとシンプルかつスパルタンに仕上げられていた。

 

まず目を引くのはロールケージだ。リアガラスの奥に見えていたクロスバーがやる気を見せつける。そしてよく見れば、このロールケージ、ボディと同色で塗装をされているのだ。これは前オーナーのこだわりのポイントで、ボディ同色というトータルコーディネートをさり気なく演出してくれる。

 

また、このロールケージはダッシュ貫通型で、サイドバー付き。リアのクロスバーと合わせて乗車定員保護とボディ剛性のアップに大きく貢献している。

 

そして運転席にはRECARO SP-Gが装着されておりこちらもスポーツ走行時はもちろんのこと、長時間のドライブでの疲労軽減に一役買っているだろう。

 

緑整備センター_33GTR_22

 

緑整備センター_33GTR_24

 

緑整備センター_33GTR_25

 

唯一のウィークポイントは修復歴

 

ここまで愛着を持って所有されてきた33GT-Rだが、残念ながら修復歴がありとなる。フロント回りを修復しており、右フロントサイドメンバーに修正機の跡が残っていた。

 

緑整備センター_33GTR修正機跡_25

 

しかし、この修復歴をどう見るのかは次のオーナー次第ではないだろうか。

 

余談になるが、私自身30台近い車歴があり、その中には修復歴ありの車両も多数存在している。サーキットでドリフトもしていたし、前後修復ありのクルマで街乗りもしていたが、全く支障がなかったのだ。

 

修復歴もピンキリで、軽度なものから重度なものまで様々なため、一概に良し悪しを判断できない。しかし、よほどの大きな修復、またはしっかり直っていない車両でない限り、一般ユーザーの街乗りレベルでは気づかないことが多い、というのが私の持論である。

 

修復歴に関する記事はこちら

中古車購入時のリスクとは

 

GT-Rに話を戻すと、25年以上経過した車両が無傷であること自体難しいのが現実だ。そして、この相場高騰の影響で無傷の車両はありえないほどの価格にて売買されている中、修復歴ありというハンデを負うことで安く手に入るというのは、考え方によってはひとつのメリットになるのではないだろうか。

 

もちろん、修復歴ありが嫌な方は修復歴なしを選んで購入すれば良い。しかし、修復歴を気にしない方や少しでも安く手に入れたい方は、こういった選択肢もあるのではないだろうか。

 

人に言われて選ぶのではなく、最後に選ぶのは自分自身なのだから。

 

緑整備センター_33GTR_27

 

緑整備センター_33GTR_28

 

緑整備センター_33GTR_29

 

緑整備センター_33GTR_30

 

また、修復歴とは別で外装にはいくつかのキズやヘコミが見受けられる。これもひとつの味。これから所有して自分色に染めていくのであれば、こういったキズを直しながら愛着を持っていくのもカーライフの楽しみ方のひとつではないだろうか。

 

そう、中古車というのは未完成だからこそ楽しいのだ。それこそが中古車の醍醐味と言えよう。

 

こちらの33GT-Rがガレスコで手に入る!

 

今回の33GT-Rはスポーツカーマッチングサイト「Garage Scope(ガレスコ)」に掲載されている。現オーナーと直接のやり取りができるガレスコに登録し、まずは一度メッセージを送ってみてはいかがだろう。

 

33GT-R Vスペックというだけで手に入りくい状況の中、緑整備センターでのメンテナンス・チューニングという付加価値のあるこの車両は、価値のある1台と言える。

 

車両の詳細等も確認した上で、現車確認、そして購入につなげて、憧れの33GT-Rを手にしていただきたい。

 

ガレスコ:https://garagescope.com/

 

該当車輌:https://garagescope.com/carInfo.php/?t=76

 

 

 

買取査定依頼バナー

 

 

スポーツカーの中古車相場は「いしてつ」に聞け!

スポーツカーの中古車相場は「いしてつ」に聞け!

スポーツカー専門店で15年以上勤務。仕入れ業務にも携わり実際にオークション会場に毎週足を運んだからこそ、リアルな相場観を身につけることができました。現場を知っているからこそ、お客様に的確なアドバイスを差し上げることができます。お気軽にお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    いしてつ

    GT-Rをはじめとする国産スポーツカーの相場のプロ。お客様へ最適な売買の時期をアドバイスいたします。また、車系YouTubeの制作にも自信あり!バズらせるために常に企画を考案中です。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    売り手も買い手も安心安全に、大切な愛車とオーナーを適正価格でお繋ぎします。

    無料相談はこちらから 無料相談はこちらから arrow_right
    keyboard_arrow_up