株式会社Tempa

自分だけのオリジナルカラーを手に入れろ!カスタムオーダープラン(COP)解説!

LINEで送る
Pocket

愛車のカスタムの中で比較的簡単にカスタムできるホイールですが、「ここの色が違う色だったらなー」なんて思ったことはありませんか?

 

安価なパーツならまだしも、ホイールとタイヤ4本セットだと10万円を超えることはざらです。

 

そこまでお金を掛けるなら自分の納得のいく色のホイールが欲しいですよね!!

 

けれども、自分で自家塗装してもなかなかうまくいかないし、プロの板金屋さんに相談してもしっかり希望の色番号が分かって完成型が頭の中で決まっている方はいいですが、完成型のイメージ像があった方が分かりやすいですよね。

 

そんなあなたの想いに答えるべくアルミホイールメーカーのWORKはCOP(カスタムオーダープラン)を展開しています。

 

大変オススメなプランなので是非利用してください!!と言うだけでは良さが伝わりにくいので、カスタムオーダープランでどこが変更できるのか、メリット、デメリットを紹介します。

 

動画はこちら

 

 

動画ではSCHWERT SG2のカスタムオーダープランを参考にして紹介されていました。

 

 

見ているだけでテンションが上がる色ばかりですが、カスタムオーダープランではどこの色を変えることができるのでしょうか?

 

カスタムオーダープランで変更可能な箇所(SCHWERT SG2の場合)

 

カスタムオーダープランにした場合オプション代金を追加で支払うことでカラーの変更が可能です。変更可能箇所は以下の通りです。(SCHWERT SG2の場合)

 

リム

 

出典:https://www.work-wheels.co.jp/custom_order/detail/1/

 

ディスク面のクリアカラー・セミオーダーカラー

 

 

 

 

センターキャップの変更

 

 

ピアスボルトカラーの変更

 

 

エアバルブカラーの変更

 

 

特殊P.D.Cに変更

 

出典:https://www.work-wheels.co.jp/custom_order/detail/3/

 

このほかにもセンターキャップ、ピアスボルトやエアバルブのカラーの変更もできますので、あなたの車に合ったあなただけのホイールにすることが可能です。

 

 

先日のイベント時の撮影した写真ですが、マッドブラックなホイールに車体色と同色のセンターキャップを採用することで車体とホイールの一体感が生まれていますよね!!

 

そんなあなただけのホイールを作成することができるカスタムオーダープランのメリット、デメリットを解説していきます。

 

カスタムオーダープランのメリット

 

自分だけの唯一無二のホイールになる

 

カスタムオーダープランなので当たり前ではありますが、市販のホイールのカラーやデザインではなく自分で選択してホイールを作ってもらうことができますので、自分だけの唯一無二のホイールになります。これにより車体カラーにマッチしたホイールにしたり可能性は無限大ですよね。

 

また板金屋さんに依頼した場合、微妙な色の指定が難しかったり、イメージが湧きにくいですが、カスタムオーダープランではHPでカスタムの例が多く掲載されていますのでイメージしやすく、想像と違ったなんてことが起きにくいです。

 

標準品では対応できないP.D.Cの車両にも取り付け可能になる

 

P.D.Cとはホイールの中心部にある4穴もしくは5穴を一つの円とした場合の直径のことです。

国産車の場合は

・100

・114.3

・120

・139.7

が主流ですが中には異なるP.D.Cを採用している車種もあります。もし、自分の欲しいホイールが愛車に適合しなかったら最悪ですよね。

 

こんな時にもカスタムオーダープランの出番です。市販ホイールのP.D.Cが対応していなくてもカスタムオーダープランなら対応可能な場合もあります。これなら他のホイールで妥協せずに自分の愛車に合わせて作ってもらえるので安心ですよね。

 

カスタムオーダープランのデメリット

 

価格が高くなる

 

市販ホイールにプラスしてカスタムしますので、どうしても価格は高くなりがちです。しかし、青天井に金額が高くなっていく訳ではなく、この箇所は〇〇円と価格表に記載がありますので、お財布と相談しながらカスタムすることができます。

 

納期が長い

 

カスタムオーダープランは当たり前ですが受注生産です。注文してから制作になるのでどうしても納期が長くなりがちです。また最近はカスタムオーダープランそのもののが認知され人気も出てきたので注文が多くなり、結果的にさらに納期が伸びてしまう要因となっています。

どうしても早くカスタムホイールが欲しい場合は板金屋さんにお願いする方が早いかもしれませんが、待つのも楽しみだと捉えることができる方なら、最高の時間ともいえます。

 

まとめ

 

アルミホイールメーカーのWORKのカスタムオーダープランの紹介でした。

「ホイール 色 カスタム」などで検索すると一番に出てくるWORK。

多種多様なホイールを展開しているにも関わらず、カスタムも可能にしているのは、お客様のご要望に少しでも答えたい。の表れではないでしょうか?お客様のためを考え、ホイールの制作、ホイールの販売を行っているWORKのカスタムオーダープランはお客様を大切にするWORKの企業努力の証でもあると言えるでしょう。

 

 

 

 

WORKLIVEチャンネル

 

WORK WHEELS Japanではホイールメーカーとして、新製品の紹介や工場見学など、WORKファンとしては興味津々の内容がアップされています。それ以外にも、GT500/300のチームや取り扱い店舗へのロケでは、田中社長が直々に切り込んだインタビューを行うことで、たくさんの反響があります。

 

また、実車だけではなくeモータースポーツにも積極的に取り組まれ、これまでのアフターパーツメーカーとしての情報発信にとどまらず、常に新しいことにチャレンジされていることが見えます。非常に楽しいコンテンツが充実していてWORKホイールを使用していない方でも楽しめるチャンネルとなっています。

 

まずはチャンネル登録をして、最新動画をチェックしていきましょう!

WORKの最新情報はウェブサイト・SNSからもチェック!

 

■WORK WHEELS JAPAN website

https://www.work-wheels.co.jp/

 

■Twitter

https://twitter.com/workwheelsjapan

 

■Facebook

https://www.facebook.com/workwheelsjapan

 

■Instagram

https://www.instagram.com/workwheelsjapan

お問い合わせはお気軽に

045-577-0018

お車の売買やパーツの取付、メンテナンスや修理まで幅広くご対応いたします。お問い合わせはお電話やお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    売り手も買い手も安心安全に、大切な愛車とオーナーを適正価格でお繋ぎします。

    無料相談はこちらから 無料相談はこちらから arrow_right
    keyboard_arrow_up