2019年現在 BCNR33 スカイラインGT-Rの相場について考える

with コメントはまだありません

BNR32のスカイラインGT-Rが25年ルール適応となり全体的に相場が上がっている中、来年に25年ルールを控えたBCNR33 スカイラインGT-Rはどんな状況にあるのか。様々な視点から相場を考えてみたいと思います。

 

R32とは全く違う厳しい状況でのデビュー

 

Nissan_Skyline_R33_GT-R_001

1993年8月にR33型スカイラインが発表された直後の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表された(市販モデルでは主にフロント周りが改修される)後、標準車の販売開始から遅れて1年5か月後に発表された。このR33型GT-Rは、通常はモーターショーなどで新車発表するところを、改造車の祭典である第13回東京オートサロンで発表するという形式がとられた。これは当時の市販車としては初めてのことである。

この型式より、以前にも増して本格的にニュルブルクリンクでのテストドライブが重視された。このことよりBCNR33のプロトタイプモデルが7分59秒のタイムを記録したことで、BNR32型に対してのタイム差から「マイナス21秒ロマン」と銘打ったキャッチコピーを掲げ、GT-Rとしては初の単体でのテレビCMを展開している。またBNR32型と違い、発売時よりVスペックおよびVスペックN1が設定されている。また、1997年には、日産関連企業のオーテックジャパンより、特別仕様ながらPGC10型以来の4ドアセダンGT-Rとなる「スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」が発売された。

モータースポーツでは、BNR32に引き続いて全日本GT選手権に参戦しているほか、ル・マン24時間レースにも参戦していた。R32GT-Rに比べ伸びたホイールベースがよく批判されるが、それにより乗り手のミスをカバーしてくれるようになった。

引用:Wikipedia

 

バブル全盛期に設計・販売されたR32 GT-Rは、ケンメリから16年もの間待ったユーザーが、ここぞとばかりにGT-Rを注文しました。そのおかげもあり、R32 GT-Rは空前のブームとなり、異例の大ヒットとなったわけです。しかしバブル崩壊、そしてR32からR33へのモデルチェンジを経て、全長が130mm、ホイールベースで105mm拡大され、全体的にワイドボディ化されたことで、圧倒的な戦闘力を手に入れた反面、R32 GT-Rファンには受け入れられないボテッとしたビジュアルとなりました。そのため失敗作のレッテルを貼られてしまい、R32のような爆発的な販売とはいたらなかったのです。個人的には嫌いではないんですけど、R32の売れ方が爆発的だったこともあり、新車・中古車とも不人気となってしまいました。

 

不人気と言えど戦闘力は本物

 

2019年_BCNR33_相場3出典:https://www.webcartop.jp/2014/09/1394/2

 

ニュルブルクリンクでのテストドライブが7分59秒のタイムを記録したことで、「マイナス21秒ロマン」と銘打ったキャッチコピーとなったわけですが、この裏側をGT-Rの開発と進化を支えるふたりのトップガン、加藤博義さんと松本孝夫さんが以下のように語っておられます。

 

現行のR35「GT-R」の考え方にも通じるのですが、当時、R32からR33への進化を速さで示すには、イコールコンディションで、誰でも走れるニュルでのタイムをアピールすることがベストである、との判断が下されたのです。ニュルで並み居る強豪と対峙してタイムを出す、と。ということで、日産自動車のエンジニアがシミュレーションしたところ、8分2秒台までならタイムを縮められる、というのです。なので「ニュルでGT-Rの開発をやらせてくれ」と経営陣に訴えたところ、応えは「ノー」でした。

経営陣からの回答は「8分2秒と7分59秒とでは3秒しか違わないが、お客さまの反応は全く違う。7分59秒台が出せるなら、やってもいい」というものでした。

8分20秒がR32 GT-Rの実力だとすると、21秒も短縮しなければいけないわけです。ニュルのコースは1周20.832km。つまり、1km当たり1秒縮めるという計算ですね。なので本当に、走って走って、を繰り返した日々でした。その結果、R33 GT-Rのキャッチコピーは「マイナス21秒ロマン」になりました(笑)。

 

引用:https://www.goodspress.jp/columns/102772/3/

 

開発した車両でニュルを走らせたら出たタイムではなく、ニュルを走らせるための必須条件となるタイム、だったわけですね。このタイムを出すことを前提に設計、開発された車両ですから、遅い訳がない。ボディ剛性の向上、ブレンボキャリパー装備、アクティブLSD、アテーサE-TS PRO、スーパーHICAS等、数々の電子デバイスや装備品の強化にて、圧倒的なポテンシャルを手に入れたということです。何事も見た目で判断してはいけないということです。

 

新車販売台数の違い

 

2019年_BCNR33_相場出典:Car Me

 

しかしながら不人気の事実は変わらず、販売台数は激減。R32と比較して半分以下の販売台数に留まることとなりました。

 

型式 販売期間 販売台数
BNR32 1989年8月〜1994年12月(5年4ヶ月) 43,661台
BCNR33 1995年1月〜1998年12月(4年) 16,435台

 

これだけの販売台数の違いがあると、中古車市場でも大きく相場に影響してきます。そこで現在の中古車市場流通台数に目を向けてみましょう。

 

次のページ

 

GTNET買取査定ボタン


Leave a Reply