【3月11日オークション速報】2021年現在FD3S RX-7の相場に迫る!

with コメントはまだありません

先週の成約状況と今週の相場予想

最近のオークション取引実績

(参考:USS東京)

オークション開催日出品台数成約台数成約率(%)成約単価(千万)
2月18日14,93310,08667.51,205
2月25日16,22110,97267.61,179
3月4日14,4999,76167.31,153
3月11日15,303

(出典「グーネット自動車流通 AA実績速報」より)

 

先週の成約状況と今週の予想

成約率:低い⇔高い

車種名先週:3月4日予想先週:3月4日結果今週:3月11日予想
スカイラインGT-R32
33
34
GT-R35
86

 

先週の振り返り

S2000が80%、インプレッサ(GC8)が70%後半~80%、フェアレディZ(33)、シルビア(S15)はともに70%の高成約率。

GT-Rは35は相変わらず高額なクルマが多いため、11%と低調。34、33、32はいずれも50%の成約率。全体的に高額車は成約率が低いが、3月末にいけば70%の成約率に上がっていくはず。

フェアレディZ(34)は成約率が低く、購入しやすい1台に。

 

先週のオークションを受けて明日の予想は!?

・例年通りなら2月は買取大手のG社が決算を迎え、3月にはその他の買取店が決算を迎えるので、全体的に相場が下がるはず。3月の1週目としては例年より低調な気がするが、これから3月2週目、3週目になるにつれ、例年と同じような動き方になると思います。

 

今週のオークション予想のライブ配信画像はこちらから

チャンネル登録はこちら

 

今週の特集はコチラ!

今回はボクの一番好きなクルマ、RX-7

なんとFD3Sを6台乗り継いでるほど大好きなんです!

とはいえ、悲しいことに2018年と今の価格を比較するとどんどん価格が高騰してきています。

例えば、5型、6型の後期モデルについては、一番高い価格の差額は少ないですが、一番低い価格での差額がかなり出てきていて、価格が上がってきていることがわかります。

モデル年式2018年12月2019年3月2021年3月(現在)
1型1991~1993100~250万円355~358万円(参考)328万円~
2型1993~1995115~330万円369~529万円
3型1995138~386万円198~568万円
4型1996~1998
5型1999~2000200~350万円168~598万円278~650万円
6型2000~2002

とはいえ、程度は別としても市場にコンスタントにクルマが流通していたり、輸出仕様の左ハンドルが海外でも流通しているため、GT-Rのように25年ルールの影響をもろに受けて、価格が急激に高騰することもないと思いますが、一方で右ハンドルへの憧れから海外からのニーズがあるのも事実で、これまでジワジワ相場が上がってきていました。

また、エンジンやタービン、水回り、リトラなど本当に壊れやすいのがFD。普通のクルマは壊れてから交換!が当たり前なんですが、FDについては、壊れる前提で購入を検討してほしいです!そのため、購入する際に、車両購入金額に+100〜150万円程度を見てほしいと思います。

やっと購入したのに、壊れて修理にお金がかかりすぎて維持ができない!というのをよく耳にします。

かっこいいクルマだからこそ、長く楽しいカーライフを送って欲しいので、その部分についてもきちんと考えていただければと思います!

中古車相場予報し_いしてつ_ブログ問い合わせバナー