2019年 8月現在のスポーツカーの相場を考えてみた。

with コメントはまだありません

未だにスポーツカーの相場の高騰が目立つ中、今現在の相場は一体どうなのか。高いの?安いの?教えて!!!

 

8月は相場が変動する時期

夏休みはスイカ割り

8月は学生だけでなく、大人も楽しみな「夏休み!」があります。お盆に帰省したり、旅行に行ったり。皆さん、スイカ割りやりました?花火は?僕は両方やりましたよ!あとは…宿題のみかな。笑

 

さてさて、そんな楽しい夏休み。企業がお休みということは、当然オークションもお休みとなるわけです。オークションがお休みになると流通がストップします。しかし、そんな中でも、小売店はお店を開けます。そうなんです、意外と来店客が多いのです。ありがたいお話です。そして、連休中に車の売買がされると、在庫が減っていきます。すると、減った在庫を仕入れようと、各社連休明けのオークションで買い漁るため、相場が上がりやすくなるのです。

 

USS東京落札単価2016-2018

グラフを見てもわかるように、過去3年はお盆明けのオークション相場が全て上がっています。例年、この動きをきっかけに9月まで高めの相場を推移します。つまり、車を購入される方はこのお盆期間中、売却される方はお盆明けのオークション結果を見てから動きを取ると良いと考えられるわけです。

 

2019年の相場の動きはどうなのか?

USS東京落札単価2018-2019

8月までの相場の動きを見ている限り、ほぼ例年通りと言えるでしょう。しかし、お盆明けはどのように動くのでしょうか。

 

ズバリ相場は上昇するでしょう。

 

中古車登録台数出典:http://www.jada.or.jp/data/year/y-u-touroku/y-u-all/

 

7月の相場が一旦上昇し、8月お盆に向けて下降するわけですが、国内の中古車登録台数を見ても顕著に現れており、6月までの不調を一気に挽回すべく登録台数が増加しています。実に前年比107.3%という結果に終わっています。国内需要が増加したため、相場も上昇という結果に終わっていると考えられます。しかし、輸出に関しては円高にあるため、6月までの輸出台数は減少しており1〜6月の累計で、前年比94.8%となっています。

 

中古車輸出台数2019-6出典:https://www.goonews.jp/data_bank.php?id=256

 

それでも7月の相場が上昇し、お盆明けの相場が上昇すると考えられる大きな理由は、やはり増税と言えるでしょう。この増税前に需要が増えるわけですが、特に高額車の需要が増えると考えられます。そうなれば全体の相場は上昇することは間違いないでしょう。

 

売り時・買い時はいつ?

売り時は間違いなく8月末〜9月頭です。全体の相場が上がってくるため各社強気の買取金額を提示してくるでしょう。ただし、決断は早めにすることをオススメいたします。10月の増税前に、買い取った車両を処分したいわけですから、9月後半までモタモタしてたら、見捨てられます。。。

 

また、購入時期は9月中旬がベストでしょう。 上記のような増税前の買取と、半期決算が重なるので、値引き交渉などもしやすいのは間違いありません。相場が上がる以上にお得なことが増える可能性が高く、私はチャンスと見ています。8月後半〜9月は行動に移す絶好のチャンスですよ!

 

中古車相場予報し_いしてつ_ブログ問い合わせバナー


Leave a Reply