Jump off Automobile プロボックスのご紹介!

with 1件のコメント

プロボックス・サクシードといえば何を想像されるでしょうか?「世界のTOYOTAの商用車」などといった回答が多いと思いますが、こんな車に惚れ込んだ熱い男たちがいることをご存知でしょうか?アホだけど本気の車をご紹介致します。

 

全日本プロボックス/サクシード選手権

 

大の大人が…しかも名の知れたチューニングショップやプロドライバーが真剣勝負を挑んでいる大会、それが全日本プロボックス・サクシード選手権だ。全3戦で行われており、第一戦 日光サーキット、第二戦 セントラルサーキット、そして最終戦は筑波サーキットにて開催されている。

プロボックス/サクシード選手権1

出典:(有)テクノ・プロ・スピリッツ

 

普段街中で見かけるプロボックス/サクシードとオーラが明らかに違う。写真からも本気で取り組んでいる熱意が感じられる。

 

プロボックスに全力投球!Jump off Automobile株式会社

 

愛知県清須市の一角に店舗を構えるJump off Automobile株式会社。代表取締役社長の花本宏輝氏はスポーツカー専門 GTNET株式会社にて長きに渡りスポーツカーの販売・カスタムなどを行ってきた。そんな花本氏が独立し起業して真っ先に取り掛かったのがこのプロボックスデモカーの制作だ。

 

Jump off Automobileプロボックス

この出で立ちを見て、誰が商用車と呼ぶのでしょう。これはまさしくスポーツカーだと誰もが認めるスタイルだ。見た目はもちろん、スペックも本格派。もちろんレースのレギュレーションがある以上、派手なチューニングはできないのだが、シンプルにツボを抑えたチューニングは流石と言える。

 

エンジン ノーマル
吸   気 HKS レーシングサクションキット改
排   気 オリジナルマフラー 5ZIGENエキマニ改
駆   動 クスコLSD タイプRS
足 回 り アクレ スピリット車高調 SPEC N+

(減衰はJump offオリジナル)

バネレート F:10k R:12k

ブレーキ F/R プロジェクトミュー
補   強 クスコ アルカーボンタワーバー

スーパープライベート フロアサポートバー

ホイール エンケイ RP-F1RS 8J+28

フロントには15ミリワイドトレッドスペーサー

インテリア  D席レカロ RS-G P席インテグラ純正レカロ

ナルディ ディープコーンステアリング

ワークスベル ラフィックス2

Defi アドバンスZD

 

Jump off Automobileプロボックス

Jump off Automobileプロボックス1 Jump off Automobileプロボックス13Jump off Automobileプロボックス9Jump off Automobileプロボックス8Jump off Automobileプロボックス7Jump off Automobileプロボックス6Jump off Automobileプロボックス5 Jump off Automobileプロボックス4 Jump off Automobileプロボックス12

 

 

全日本プロボックス/サクシード選手権 第2戦 クラス優勝の実績

 

今シーズンは初戦の日光サーキットよりフル参戦をしており、初戦は初エントリーにも関わらずクラス3にて決勝3位、そして第2戦のセントラルサーキットは花本氏の地元関西開催ということもあり、クラス3決勝を優勝という実績を挙げている。これはドライバーのテクニックはもちろんのこと、車両のクセを理解しバランスよく仕上げた結果と言える。そして、来る12月2日に最終戦の筑波サーキット戦を控えるわけだが、本人曰く車両・ドライバーともに万全を期していると自信に満ち溢れた回答が返ってきた。これは当日の結果が見逃せない。

Jump off Automobileプロボックス3

 

プロボックス/サクシード専用ブレーキキャリパー開発中

 

ここまでプロボックスにこだわっているところを見ると、次に期待してしまうのは専用パーツの開発。元々、ヴィッツシャーシを利用しているため、ヴィッツの流用・共通パーツなどで制作しているユーザーも多く、逆に言えば専用パーツが少ないのも事実。レース出場者以外にも、ストリートユースからも専用パーツを待ち望んでいるのは間違いない。

 

そんなユーザーのかゆいところに手を届けてくれるのがJump off Automobileだ。

 

Jump off Automobileプロボックス_キャリパー

Jump off Automobileプロボックス_キャリパー2

 

現在wilwood製の鍛造4POTブレーキキャリパーを開発中とのこと。非力な車両だからこそギリギリまでブレーキを我慢したい。しかしハードなブレーキになるとレース後半が心配になる。そうなるとBIGキャリパーが欲しいところだが、重量増とコストが一番のネックになる。それら全てを解消してくれるのがこのキャリパーだ。鍛造4POTで、某E社のキャリパーよりも軽く、安いという。もちろんセットで2ピースローターも準備中。このキットはプロサクオーナーたちには見逃せないパーツとなること間違いない。

車 種 プロボックス/サクシード
キャリパー FDI 標準色(グレー調)
ローター 280φ 2ピース・6スリット・アルマイト/無し
パッド サーキット専用
ホース ステンメッシュ フロント左右
その他 キャリパーサポート・ボルト・取説等付属

 

今後もJump off Automobileの展開から目が離せなくなりそうだ。

 

【撮影協力】

Jump off Automobile株式会社

愛知県清須市春日川中78番地

 

Tempaお問い合わせ


One Response

Leave a Reply