株式会社Tempa

NISMO S1エンジン搭載のR34 スカイラインGT-Rがガレスコに登場!

LINEで送る
Pocket

34GT-Rの相場が高騰を続ける中、私のもとに一本の連絡が。それは2台の34をガレスコに掲載したいとのことだった。

 

見た目はNISMOエアロのみの「羊の皮をかぶった狼」

 

S1エンジン搭載車両とのことで、期待に胸を膨らませ現地に到着し、早速取材を開始した。そこで目にした車両は、定番のNISMOエアロを装着した、シルバーのキレイな34GT-Rだった。

 

BNR34 S1エンジン

 

車  種スカイラインGT-R
グレードVスペック2
年  式2001年4月
型  式GF-BNR34
カ ラ ーシルバー
シ フ トF6
走行距離51,500km
(メーター交換歴有り)
修 復 歴無し
備  考NISMO S1エンジン
(パーツコンバージョン)
NISMO サージタンク
NISMO ヴェルディナマフラー
NISMO エアロ
NISMO 320km
※1,951km時交換記録有り

新品ステアリングホイール
新品シフトノブ
新品アームレスト
新品ウェザーストリップ

 

車両はお世辞抜きにキレイな1台だった。しかし、パッと見た感じそれ以上でもそれ以下でもない。キレイな34GT-Rをたくさん見てきた私からしたら、そこまでの驚きは無かった、というのが本音だ。そんな私が車両を見てもさほど驚かない様子を見て、オーナーは笑みを浮かべていた。

 

「石川さん、これを見て下さいよ」と言って自信満々にボンネットを開けた瞬間、私は驚いた。

 

BNR34 S1エンジン2

 

そこには「NISMO S1」の文字が輝くエンジンが搭載されていたのだ。

 

BNR34 S1エンジン3

 

BNR34 S1エンジン4

 

エンジンプレートには「Omori Factory」の文字がしっかりと刻まれていた。

 

パーツコンバージョンフルコンバージョン
1. R34 GT-R STDターボ(C100−GT25)
2. 大径ターボアウトレット
3. S1専用カムシャフト(64°‐9.25)
4. S1専用ECM 4. S1専用ECM
(R34GT-Rはイモビライザー対応品)
5. メタルヘッドガスケット(t=1.2mm)
6. エアクリナー(純正交換タイプ)
7. レーシングプラグ(#7or#8)
8. O2センサー※2
9. ピストン&リング(N1仕様)
10. メインベアリング(STD)
11. コンロッドベアリング(N1仕様)
12. ウォーターポンプ(STD)
13. オイルポンプ(N1仕様)
14. オイルパンバッフルプレート

 

以前に私が調べたパーツコンバージョンメニューは上記となるが、目視できる箇所でもサージタンクやサクションパイプなどが追加されている。

 

※現在はパーツコンバージョンメニューはオフィシャルサイトに掲載がありませんので、あくまでも当時調べられた限りの情報となります。予めご了承下さい。

 

NISMO S1エンジンは流石、以外に言葉が見つからないほど、安定したエンジンとなっている。下手にピークパワーを求めたチューニングエンジンとは違い、純正のRB26の良いところをそのままに、底上げをされたようなイメージだ。そのため、アイドリングも非常に安定しており、ボンネットを開けるまでは誰もがS1エンジンが載っているなど想像すらできないであろう。

 

また、オーナーも外観を派手にカスタムするタイプではないため、NISMOエアロ以外はノーマル。ち調子に乗ったスポーツカー乗りが「ノーマルの34なんてちょろいぜ!」といって、なめてかかれば狼に食われることは間違いない。この34を見かけたら煽り運転は厳禁だ。笑

 

外装は屋根付き保管でコンディション良好

 

今回の車両はどうしてもエンジンに目が行ってしまうのだが、車両のコンディションが良いのも見どころだ。R34のVスペック2で気になるカーボンボンネットはコンディションも良く、ダクト部分のカーボンの劣化もほとんど見受けられない。

 

また、定番のヘッドライトの黄ばみなどもほとんど見られないのだ。これは屋根付きの保管で、その上ボディカバーをかけての保管のため、雨風や紫外線の影響をほとんど受けていないからだ。登録から18年が経過した今でも、このコンディションが保たれているのは、オーナーの努力の賜物だろう。

 

BNR34 S1エンジン5

 

BNR34 S1エンジン6

 

BNR34 S1エンジン7

 

BNR34 S1エンジン8

 

BNR34 S1エンジン9

 

同様にボディの塗装やモール類の劣化も少ない。これも貴重な34GT-Rを選ぶ上で見逃せないポイントだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外装以上に驚く内装状態

 

続いて内装の状態を確認させてもらった。ここでまた驚くこととなったのだ。登録から18年が経過しており、走行距離はトータルで5万kmを超えている。それでも素晴らしい状態を保っているのは、これもまたオーナーの情熱の賜物と言える。

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R16

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R17

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R18

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R19

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R23

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R20

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R21

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R22

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R24

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R26

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R27

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R28

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R29

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R30

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R31

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R32

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R33

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R34

 

実はこれだけキレイに内装を維持できているのは、普段のメンテナンスも勿論だが、このオーナーはステアリングホイール、シフトノブ、アームレスト、そして写真には見えないがドアのウェザーストリップを新品に交換するなど、並々ならぬ努力をされている結果なのだ。

 

中古車では手や肌が直接触れるところは気になるところ。特に、ハンドルやシフトノブは劣化で剥げてくることが多々あるため、34に限らず気になっているオーナーは多いのだ。

 

しかし、絶版車の殆どが内装パーツは徐々に生産廃止となるため、気づいた頃にはこれらのパーツが新品で手に入れることすら難しくなってくる。それを見越して、今回のオーナーはパーツが手に入るうちに交換をしたという。そのお陰で走行距離を感じさせない内装となっているのだ。

 

下廻りやストラットタワー廻りのサビも殆ど無し

 

日産車の泣き所である下回りのサビ。これは永遠のテーマと言っても過言ではない。せっかく気に入ったGT-Rがあっても、下回りがサビて腐っている…ストラットタワーの中からサビが浮いてきてパネルの継ぎ目が浮いてきた…なんて話はよくあること。購入されるオーナーは、誰もがこのあたりを気にしているだろう。

 

今回の車両も当然のことながらチェックした。アーム類に若干のサビは見受けられるが、フロアは殆どサビている印象は無い。今後の使い方や、保管を注意すれば、状態を維持して長く乗れることは間違いないだろう。

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R35

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R36

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R37

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

このNISMO S1エンジン搭載の34GT-Rがガレスコで手に入る!

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

今回紹介した車両がガレスコにて購入が可能だ。2019年9月現在、流通している車両は54台。その内、Vスペック2はわずか8台となっており、修復歴無しの車両であれば軒並み1,000万円オーバーとなっている。とはいえ、現在の流れから見れば、相場が下がることは考えにくい上、今後の高騰を考えれば抱え込んで手放さないオーナーが増えることも考えられる。手に入れられるうちに手に入れるというのは、私は賛成だ。このチャンスを物にできるのはただ一人。まずはガレスコからオーナーにコンタクトを取ってみてはどうだろう。

 

NISMO_S1エンジン_R34GT-R

 

GarageScope(ガレスコ):http://garagescope.com/

 

当該車両掲載ページ:https://garagescope.com/car_info.php/?t=45

 

 

 

スポーツカーの中古車相場は「いしてつ」に聞け!

スポーツカーの中古車相場は「いしてつ」に聞け!

スポーツカー専門店で15年以上勤務。仕入れ業務にも携わり実際にオークション会場に毎週足を運んだからこそ、リアルな相場観を身につけることができました。現場を知っているからこそ、お客様に的確なアドバイスを差し上げることができます。お気軽にお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    売り手も買い手も安心安全に、大切な愛車とオーナーを適正価格でお繋ぎします。

    無料相談はこちらから 無料相談はこちらから arrow_right
    keyboard_arrow_up